ETCカード機能のついたクレジットカードのメリットとは?

ETCカード機能のついたクレジットカードは何かを購入した際に現金で支払う必要がないので1枚あると大変とても便利なカードです。
また、ショッピング時だけでなく公共料金の支払いも出来ます。
カードを使用してこれらの料金を支払うといつの間にかポイントが加算されている事もありそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。
が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月額の割引制度対象から外れる事があります。
レストランや映画館などでETCカードつきのクレジットカードを使うと財布からお金を取り出さなくてもスムーズに支払を済ませされます。
手数料が運営会社の大きな収入源なのですがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。
営業の種類によって店舗が支払う加盟料には差がありバーやクラブなどの飲食店は2番目に高い率の業種で4%から7%に設定されています。
3回以上の分割払いを指定すると客側も支払うことになりますので毎月の決済日に金利と共に引き落とされます。
運営会社は1回や2回の支払回数については利用者への料金を発生させていないので店側が加盟料の支払を求めてきても応じてはいけません。
小銭しか持ち合わせていない時持っているととても便利なのがクレジットカードです。
クレジットカードを発行する会社は沢山ありますからどこの会社にしようかはっきり決断出来ずにいる人もいるでしょう。
もし、迷ってしまった時は(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカを比較してみると良いです。
カードの判断をするにはネット経由から各(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカを比べたサイトなどを参考にすると良いでしょう。