紫外線と美白化粧水を考えるなら?

紫外線は、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことで、その波長の長さによって「A波(UV-A)」「B波(UV-B)」「C波(UV-C)」に分けられます。
日光浴など肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因となるのがUV-Bです。
一方、波長が長いUV-Aは、肌の奥深くまで浸透し、肌に様々なマイナス影響を及ぼします。
うっかり日焼けした時は美白化粧水で肌を改善・強化して、紫外線に負けない肌作りを行っていきましょう。
美白化粧水は、紫外線を浴びて乾燥しがちな肌にたっぷり潤いを与え、ターンオーバーを正常化させて、メラニンの生成を抑制します。
ハイドロキノン配合の市販化粧品