青汁大麦若葉のってどうかな?

大麦若葉の青汁とは、大麦の実ではなく若葉を利用した青汁で、ケールと同じように青汁の原材料として広く親しまれています。
六条麦茶の六条とは、六条大麦という大麦の品種の名前からついた名称です。
このように、大麦は食用としてはあまり一般的ではありませんが、大麦を栽培する時に伸びる若葉には、驚くほど豊富な栄養成分が含まれていることから、青汁の原材料としてポピュラーな存在となっています。
大麦若葉に含まれている栄養素は、植物性タンパク、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンCなどのビタミン類、カリウム・カルシウム・カロチン・マグネシウム・マンガン・亜鉛などのミネラル類、食物繊維、葉緑素などです。
大麦若葉は、単にいろんな栄養素が含まれているだけでなく、その含有量が多いことも、青汁の原材料として人気の秘密です。
大麦若葉に含まれているカルシウムは牛乳の10倍、ビタミンCはホウレン草の5倍です。
大麦若葉の青汁は、ビタミンC補給に最適な青汁と言えます。
大麦若葉の青汁は、微量ミネラルの含有量の多さでも突出しています。
大麦若葉の青汁には、SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ:Superoxidedismutas)という酵素が含まれています。
SOD酵素は、活性酸素を除去する働きのある酵素です。
大麦若葉の青汁を選ぶ際に、注意しなければならない点がいくつかあります。
大麦若葉の青汁を健康のために役立ててください。
えがおの青汁は効果あるの?成分と値段も調査【本音の体験談】