SMBCモビットの融資は個人事業主でも通るの?嫁バレしない?

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のSMBCモビットのキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融SMBCモビットのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやSMBCモビットのキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

SMBCモビットのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるSMBCモビットのキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融SMBCモビットですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融SMBCモビットの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融SMBCモビットの方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのSMBCモビットのキャッシングがあります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので複数の消費者金融SMBCモビットから借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがSMBCモビットのカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

参考:SMBCモビットは個人事業主でも借りれる?断られる?!【融資条件】

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融SMBCモビットにあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

一般的に消費者金融SMBCモビットのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のSMBCモビットのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

消費者金融SMBCモビットの最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のSMBCモビットのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融SMBCモビットのサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。